Monthly Archives: 6月 2012

ミツバオウレン

ミツバオウレン

ヤセ尾根に咲いていた、 ミツバオウレン。 1センチほどの小さな花だけど、 放射状に広がった蕊がとても美しい。

 

展望湿原から

展望湿原から

今日は、二度目の栂池自然園へ。 最初の一枚は、展望湿原からの白馬連峰。 大雪渓が真正面に見える。

 

根あけの時

根あけの時

ブナの根あけが進んで、 融雪のスピードが早まる。 土と雪の境目が、 溶け出した水で光っている。

 

春の目覚め

春の目覚め

豪雪によって完全に雪の中となっていた低木の、 眠っていた枝が雪解けとともに起き上がろうとしている。 季節の境目の、こんな光景がとても美しく思える。

 

6月の緑

6月の緑

中腹の人工池では、 6月の緑が輝いている。 5月の残雪時から1ヶ月少しで、 こんなにも変化する色彩。

 

ブナの広場

ブナの広場

今日は梅雨の晴れ間を狙って、 鍋倉山近くの茶屋池へ。 池の西側にあるブナの広場。 6月中旬でまだこれだけの残雪、 ブナの緑との対比が美しい。

 

残雪の雨飾山

残雪の雨飾山

キャンプ場近くの道路から、 残雪の雨飾山を見る。 少し湿気を含んだ大気が、 美しい山稜を包んでいる。

 

前穂高の夕焼け

前穂高の夕焼け

徳沢から前穂高の稜線を見る。 昼と夜のあいだの一瞬、 空がもっとも美しくなる。

 

ピークへの稜線

ピークへの稜線

西穂高山荘から稜線に出る。 ほぼ夏道となった稜線を行くと、 遠くに西穂高のピークが現れる。

 

残雪のストライプ

残雪のストライプ

西穂高丸山付近の稜線から、 上高地へと落ちる広大な斜面を見る。 ダケカンバとシラビソだろうか、 残雪を抜け春の大気に触れるいのちと 雪面のストライプ模様がとても美しい。

 

紅のニリンソウ

紅のニリンソウ

花びらが少し紅に染まる。 ニリンソウは色の変化も魅力的。