Monthly Archives: 10月 2012

黄金の湿原

黄金の湿原

黄金に燃える湿原。 美しい季節が流れる。

 

尾瀬、再び。

尾瀬、再び。

先日の尾瀬の未掲載写真です。 幾枚かの尾瀬を、再び。

 

幹と秋色

幹と秋色

力強い幹に、赤黄緑の秋葉。 自然の色彩は、こころに響く。

 

坪場の絶景

坪場の絶景

一気にこの景色が展開する坪場。 凍てつく池塘に鳥甲山、 そして北アルプスの山稜。 美しい秋の時が流れる。

 

樹霜への光

樹霜への光

霜が付着した頂近くの樹木に、 朝の鮮烈な光が届き、 銀色に輝く風景が生まれる。

 

広大な湿原

広大な湿原

苗場山の山頂付近は、 湿原がどこまでも広がっている。 池塘とシラビソが織りなす美しさ。

 

樹霜の輝き

樹霜の輝き

10月20日の早朝、 秋山郷小赤沢の3合目から登り始める。 中腹あたりから霜が目立ち始め、 ふと見上げると樹霜に光が射していた。

 

苗場山の湿原

苗場山の湿原

最後の坂を登りきると、 突然この湿原が現れる。 遠くに北アルプスを従えて、 まだ凍っている池塘が青空を映す。

 

ヒツジグサの秋

ヒツジグサの秋

池塘の水面に浮かぶ、 ヒツジグサの葉。 最後の秋色が美しい。

 

黄金の木道

黄金の木道

龍宮近くの木道。 黄金に輝く湿原の中へと 溶け込んでいくような道。

 

草もみじの美

草もみじの美

尾瀬ケ原の湿原は、 どこも見事に秋色。 この草もみじの色が好きだ。

 

浮島の美

浮島の美

龍宮十字路の池塘。 浮島も美しく紅葉し、 ヒツジグサの浮葉とともに 素晴らしい景観をつくっている。

 

龍宮十字路の秋

龍宮十字路の秋

美しい池塘のある龍宮十字路から、 北西方向を見る。 広大な湿原に秋が満ちている。

 

樹林と光

樹林と光

ヨシッ堀田代付近から。 山際にあるシラカンバやダケカンバの樹林に、 ようやく晴れてきた雲間から光が射し込む。

 

湿原の虹

湿原の虹

夜中は星空だったのに、 山の鼻に入る頃には小雨が降ってきた。 撮影ポイントだけチェックして、 見晴の喫茶室で雨宿り。 すると雲の切れ間から光が射し、 美しい虹がお出迎え。

 

尾瀬ヶ原の秋

尾瀬ヶ原の秋

本日、鳩待峠の駐車場で 満天の星空を見ながら朝を待ち、 初めての尾瀬ヶ原へ。 草紅葉の中にダケカンバだろうか、 オブジェのような樹々が美しい。

 

秋の双耳峰

秋の双耳峰

南側に絶えず鹿島槍ヶ岳を見ながら歩く道。 秋の色彩の中で、双耳峰が美しい。

 

西遠見池と鹿島槍ヶ岳

西遠見池と鹿島槍ヶ岳

目的地の西遠見池から 鹿島槍ヶ岳を見る。 水面と紅葉と山岳、 素直に美しいと思う。

 

遠見尾根の秋

遠見尾根の秋

本日、日帰りで遠見尾根へ。 尾根から見下ろす秋の色。

 

双六岳の斜面

双六岳の斜面

双六岳の北東、 なだらかで緑豊かな斜面が広がる。 こんな世界を貫いて歩を進める時が、 山に入って良かったと思える瞬間。

 

夕刻の山稜

夕刻の山稜

樅沢岳の稜線から笠ヶ岳を見る。 遠くの雲に夕刻の光が射していた。