Monthly Archives: 12月 2013

雪の木道

雪の木道

大谷地湿原を走る木道。 雪の道が光っているようで美しい。 今年も「山稜の美学」をご覧いただき、 ありがとうございました。 来年もよろしくお願いします。

 

葉上のゆき

葉上のゆき

戸隠神社奥社参道入口近く。 トドマツだろうか、葉上に雪が積もる。

 

イワガラミの枯れ花

イワガラミの枯れ花

飯綱山への登山口付近にて。 イワガラミの枯れ花がこんなに美しいとは。

 

大谷地の月

大谷地の月

今朝は、雪降る飯綱と戸隠へ。 大谷地湿原に着いて空を見上げると、 美しい三日月。

 

ススキと雪

ススキと雪

一の瀬園地に雪が舞う。 ススキの穂と雪の共演。

 

雪原の彩り

雪原の彩り

白い雪原の中に、 小さな赤い実をつけた植物。 美しい雪原の彩り。

 

ススキの繊細

ススキの繊細

一の瀬園地で。 ススキの繊細が美しい。

 

ヤマウルシの果実

ヤマウルシの果実

確か去年にも見つけた。 ヤマウルシの果実。 縦縞の模様が美しい。

 

初冬の雑木林

初冬の雑木林

初冬の雑木林。 この季節の色彩も味わい深い。 乗鞍高原・一の瀬園地にて。

 

平凡な美しい時

平凡な美しい時

平凡な風景なのに、 どうしてこうも魅かれるのだろう。 素晴らしい平凡の美。

 

雪面と落葉

雪面と落葉

朝日に輝く雪面に、枯れ枝と落葉。 すべてが雪の中へと消える前に。

 

逆光の樹々

逆光の樹々

光に輝く樹々の枝。 逆光の中でこその美しさ。

 

宿木の果実

宿木の果実

乗鞍高原・一の瀬園地のヤドリギ。 落葉樹で、ホザキヤドリギというらしい。 鮮やかな黄色い果実が美しい。

 

凍結の滝

凍結の滝

善五郎の滝の一部が凍結している。 静の氷と動の落水。

 

朝焼けの樹林

朝焼けの樹林

牛留池から乗鞍岳の山腹を見る。 朝一番の光に樹林帯が燃える。

 

柔らかな表情

柔らかな表情

乗鞍高原・善五郎の滝の展望台近く。 柔らかに積もった雪の表情がとても美しい。

 

ズミの赤い果実

ズミの赤い果実

この季節に赤い果実をつけるズミ。 小さなさくらんぼのようで美しい。

 

すすきと小枝の光

すすきと小枝の光

善五郎の滝へ行った帰り道、 駐車場近くの雪原。 朝の光が、平凡な風景を美しくする。

 

まいめのうさぎ

まいめのうさぎ

今朝は乗鞍高原へ初冬の散歩。 うさぎの足跡だと思うけど、 あの立ち木のところで何をしたんだろう。 まいめの池にて。

 

初冬の雪原

初冬の雪原

雪のつくる造形。 この季節にしか現れない美しさ。

 

明と暗の表情

明と暗の表情

鏡池の明と暗の表情。 早朝の光がすべてを美しくする。

 

朝の光と水面

朝の光と水面

朝焼けの時間には少し遅れて到着した鏡池。 それでも朝の眩しい光が、水面を輝かせていた。

 

雪融けのあと

雪融けのあと

今朝の高瀬渓谷。 昨日の雪が融けて、 落葉の色彩は静かに変化していく。

 

水際の結氷

水際の結氷

戸隠高原の積雪は15センチほど。 鏡池は水際だけが結氷している。 この初冬の池畔も美しいなぁ。

 

樹齢800年

樹齢800年

戸隠神社・中社の三本杉のひとつ。 樹齢800年、幹の存在感が素晴らしい。