Monthly Archives: 4月 2014

古池の水芭蕉

古池の水芭蕉

29日の戸隠高原・古池。 西岸に広がる湿原に水芭蕉が咲き出した。 赤茶けた土壌に白い仏炎苞が美しい。

 

水流で咲く花

水流で咲く花

沼の原湿原の小川の中で、 水芭蕉の仏炎苞が美しい。

 

アズマイチゲの純白

アズマイチゲの純白

大谷地湿原にて。 アズマイチゲの花が開き始めている。 純白の花弁が美しい。

 

八重桜の春

八重桜の春

八重桜が春を演出する。 優しい色彩が香る。

 

雪融けから

雪融けから

水芭蕉は湿原に咲く。 そして雪融けの場所から。 沼の原湿原にて。

 

牟礼の花

牟礼の花

25日のむれ水芭蕉園が素晴らしかったので再訪。 すこし葉が大きくなりつつあったけど、 ニリンソウの花も増えて美しさが際立つ。

 

春の色彩

春の色彩

戸隠からの帰路、 国道沿いに素晴らしい春の色。 思わず車を止めて一枚。

 

本院岳の残雪

本院岳の残雪

今朝はいつもの戸隠へ。 鏡池までの道路が開通したのでちょっと寄り道。 本院岳の残雪が美しい。

 

水中の水芭蕉

水中の水芭蕉

沼の原湿原には、水流の中で咲く水芭蕉がある。 咲いてから水かさが増したのだろうか、 こんなに美しい水中花。

 

水芭蕉とリュウキンカ

水芭蕉とリュウキンカ

水芭蕉の咲く湿原には、 リュウキンカが同時に花をつけていることが多い。 緑と黄と白が鮮やかに湿原を飾る。 むれ水芭蕉園にて。

 

対称の美しさ

対称の美しさ

ヤマエンゴサクを真横から。 対称的な形が美しい。

 

融雪の水流

融雪の水流

雪融けのすすむ沼の原湿原。 水流の中に水芭蕉。

 

沼の原の夜明け

沼の原の夜明け

今朝は斑尾高原・沼の原湿原へ。 夜明けと同時に到着、朝陽が美しい。

 

紅のしだれ

紅のしだれ

小川村の紅しだれ。 花と蕾が混在しているほうがいいのです。

 

カタクリの春

カタクリの春

麻績村北山のカタクリ。 紫のラインが美しい。

 

ヤマエンゴサク

ヤマエンゴサク

今朝は麻績村北山のカタクリ群生地へ。 そこで美しく咲いていたヤマエンゴサク。

 

水庭の仏炎苞

水庭の仏炎苞

緩やかな水の流れの中で、 朝陽に輝く水芭蕉の仏炎苞。

 

五竜と山桜

五竜と山桜

小川村は山桜の里。 今年は例年になく素晴らしい。 遠くの五竜岳も美しい。

 

水中の朝陽

水中の朝陽

昨年は雪だった高山村の水中のしだれ。 朝陽が射し始めてきた。

 

牟礼の水芭蕉

牟礼の水芭蕉

見頃を迎えている飯綱町のむれ水芭蕉園。 リュウキンカやニリンソウまで咲き出して、 水芭蕉に彩りを添えている。

 

紅しだれの蕾

紅しだれの蕾

今日は北信へドライブ。 最後に訪れた小川村・番所の桜。 紅しだれの蕾が美しい。

 

安曇野の桜

安曇野の桜

大木というわけではないが、 樹形がとても美しい安曇野の桜。

 

守護の桜

守護の桜

安曇野・田多井地区のしだれ桜。 墓地を守護するかのように咲き誇る。

 

桜花と蕾

桜花と蕾

京都・大原野神社の千眼桜。 花と蕾の美しさ。

 

枝垂れの魅力

枝垂れの魅力

安曇野の枝垂れ桜。 舞い降りてくるような花の流れが美しい。

 

一本桜の魅力

一本桜の魅力

いくつもの安曇野の一本桜の中で、 この桜は特に見事だ。 枝振りと花の着き方が美しい。