Monthly Archives: 7月 2014

ミヤマキンポウゲの群落

ミヤマキンポウゲの群落

もう少しで火打山のピークという稜線近くに、 ミヤマキンポウゲの群落が広がっていた。

 

池塘とワタスゲ

池塘とワタスゲ

天狗の庭の池塘にワタスゲが揺れる。 水面に映る様も美しい。

 

天狗の庭の火打

天狗の庭の火打

天狗の庭の池塘に映る火打山。 こんなに輝く場所で一息。

 

草陰のイワカガミ

草陰のイワカガミ

草陰にイワカガミ。 朝陽にピンクの花弁が美しい。

 

夏の大輪

夏の大輪

シシウドの仲間だと思うけど、 大きな花の広がりがすぐに眼につく。 夏の大輪が美しい。

 

イワイチョウの葉と

イワイチョウの葉と

イワイチョウの葉が密生する中に、 ハクサンコザクラが輝いている。 小天狗の庭にて。

 

夏の湿原

夏の湿原

火打山への稜線から天狗の庭を遠望。 夏色の中の池塘が美しい。

 

クルマユリの夏

クルマユリの夏

火打山への尾根道に咲いていたクルマユリ。 夏を感じさせる色彩が美しい。

 

ミドリヒョウモン

ミドリヒョウモン

初夏と秋に高山で舞うミドリヒョウモン。 火打山への稜線にて。

 

ウラジロナナカマドの花

ウラジロナナカマドの花

ウラジロナナカマドの白い花。 朝露に濡れた葉も美しい。 天狗の庭にて。

 

ミヤマキンバイとハクサンコザクラ

ミヤマキンバイとハクサンコザクラ

ハクサンコザクラ咲く小天狗の庭には、 ミヤマキンバイもたくさん咲いていた。

 

高谷池の輝き

高谷池の輝き

笹ヶ峰の登山口から3時間たらず、高谷池ヒュッテが見えてくる。 その前には残雪が融けたばかりの高谷池が輝いていた。

 

イワイチョウの花

イワイチョウの花

実は今回の山旅にはFUJIFILMのX-T1をメインで使用。 天狗の庭に咲いていたイワイチョウの花。

 

小天狗の庭にて

小天狗の庭にて

今朝は火打山のピークまで。 ハクサンコザクラは最盛期を過ぎていたが、 雪融けの遅い小天狗の庭では美しい株が残っていた。

 

サヨナラ、雷鳥。

サヨナラ、雷鳥。

深追いするのはやめて、 ライチョウの親子を見送る。 サヨナラ、雷鳥。

 

山稜と山小屋

山稜と山小屋

燕の山稜に立つ燕山荘。 美しい尾根を見渡す。

 

砂とライチョウ

砂とライチョウ

ライチョウは砂礫で体のお掃除をする。 楽しい生態を魅せてくれた。

 

槍から前穂へ

槍から前穂へ

槍から前穂への山稜が美しい。 燕への稜線にて。

 

高山植物の女王

高山植物の女王

高山植物の女王といわれるコマクサ。 その佇まいが美しい。

 

北燕岳と立山

北燕岳と立山

燕岳山頂から北燕岳を望む。 遠くの立山連峰も美しい。

 

ハクサンイチゲの季節

ハクサンイチゲの季節

燕の西斜面に咲くハクサンイチゲ。 美しい白い光。

 

ふたつの槍

ふたつの槍

燕岳への稜線にて。 ふたつの槍が美しい。

 

コマクサの群落

コマクサの群落

燕山荘から燕岳への稜線付近には、 コマクサの群落が多く見られる。 特にこの斜面は見事だった。

 

いい気持ち?

いい気持ち?

砂浴びの途中、 仰向けになっているライチョウ。 気持ちいい?

 

光満ちる燕岳

光満ちる燕岳

山頂が近づくにつれ、輝きが増すような山容。 光が眩しいほどに満ちている。

 

イワカガミの色彩

イワカガミの色彩

密生するイワカガミの色彩が美しい。 燕岳への稜線にて。