Monthly Archives: 8月 2014

若冲の葡萄小禽図

若冲の葡萄小禽図

写真でお見せできないのが残念ですが、 承天閣美術館に常設展示されている、 鹿苑寺大書院障壁画であった葡萄小禽図は見事でした。 江戸中期の人とは思えない伊藤若冲の感性に脱帽。 写真は美術館前の通路。

 

同志社のレンガ色

同志社のレンガ色

京都散歩の目的は、 承天閣美術館で開催中の伊藤若冲の名宝展。 相国寺へ向かう途中の同志社の学舎。 レンガ色の外観が美しい。

 

晩夏のしだれ桜

晩夏のしだれ桜

昨日は少しだけ京都散歩。 ここは京都御苑の近衛邸跡。 春には素晴らしい花を咲かせるしだれ桜。 晩夏の葉が少し黄色くなり始めた。

 

コスモスと蕎麦畑

コスモスと蕎麦畑

乗鞍高原いがやスキー場の周辺は花畑がいっばい。 このコスモスと蕎麦畑も美しかった。

 

まいめの晩夏

まいめの晩夏

一の瀬園地、まいめの池。 晩夏の池畔が美しい。

 

滝の表情

滝の表情

善五郎の滝にて。 シャッタースピードは1/25秒。 これくらいの表現も悪くないと思う。

 

ウラギンスジヒョウモン

ウラギンスジヒョウモン

乗鞍高原・いがやスキー場付近。 ウラギンスジヒョウモンという名らしい。

 

あざみ池の畔

あざみ池の畔

乗鞍高原・あざみ池。 静かな池畔が美しい。

 

マツムシソウと蝶

マツムシソウと蝶

いがやスキー場の付近で。 建物の軒先のマツムシソウに美しい蝶。

 

ゆりのオレンジ

ゆりのオレンジ

クルマユリの仲間かな。 緑の中でオレンジ色が鮮やか。 一の瀬園地にて。

 

薄緑の花弁

薄緑の花弁

善五郎の滝からの帰路、 ふと見上げると、薄緑色の美しい花色。

 

森に射す光

森に射す光

雨上がりの乗鞍高原。 善五郎の滝への道で、 光が射してきた。

 

善五郎の滝

善五郎の滝

滝って、どう切り取るか難しいですね。 善五郎の滝。

 

コスモスの季節

コスモスの季節

乗鞍高原は、もうコスモスの季節。 いがやスキー場近くにて。

 

雨上がりの牛留池

雨上がりの牛留池

今朝は雨の中を乗鞍高原へ。 雨が上がってきた牛留池にて。

 

さよなら朝日岳

さよなら朝日岳

今回の朝日岳への旅は、 夏の高山植物を存分に楽しむ3日間でした。 またいつか。さよなら朝日岳。

 

ハクサンフウロの夏

ハクサンフウロの夏

ハクサンフウロの夏が過ぎていく。

 

穂の個性

穂の個性

チングルマの穂の個性が美しい。

 

花の共演

花の共演

アオノツガザクラやアカモノの中で、 ハクサンコザクラが咲く。

 

タカネナデシコとオヤマソバ

タカネナデシコとオヤマソバ

吹上げのコル近くで。 タカネナデシコとオヤマソバ。

 

真夏の草原

真夏の草原

花園三角点方向を望む。 真夏の濃い緑が広がる。

 

ゆれるチングルマ

ゆれるチングルマ

風の中でそよぐように。 ゆれるチングルマ。

 

小桜の楽園

小桜の楽園

いたるところに咲く八兵衛平のハクサンコザクラ。

 

これもチングルマ

これもチングルマ

花弁が落ちた後のチングルマ。 コイワカガミとともに美しいカタチと色彩。

 

スプーンカットの雪渓

スプーンカットの雪渓

見事なスプーンカットとなった雪渓。

 

小屋の前庭

小屋の前庭

素晴らしい食事と清潔な設備。 北アルプスの小屋の中で一番かも。 その朝日小屋の前にはこんな花園が広がる。