Monthly Archives: 2月 2015

幾許かのいのち

幾許かのいのち

おそらくあと数日で花のいのちが終わる。 それでも懸命に光に向かって咲いている。

 

揺れる花びら

揺れる花びら

花びらが、揺れるように広がる。 鮮やかな黄色が美しい。

 

霜の福寿草

霜の福寿草

霜が少し降りた、福寿草。 黄の深い色が美しい。

 

辰野町沢底の福寿草

辰野町沢底の福寿草

今朝は、初めて辰野町沢底の福寿草群生地へ。 少しピークは過ぎていたものの、美しい株も残っていました。 民家のあいだの、こんな土手に咲いています。

 

春はすぐそこ

春はすぐそこ

桜と梅林、春がすぐそこに来ている。 熱海梅園の梅見の滝上部にて。

 

花の連なり

花の連なり

熱海の白梅を見上げる。 美しい花の連なり。

 

枝と花

枝と花

桜より梅の方が、より枝と花の関係が美しいと思う。 MOA美術館の紅白梅図屏風も見事だったが、 間近で見るリアルな梅も美しい。

 

曇天の熱海桜

曇天の熱海桜

花を撮るときは、曇天が意外にいい。 熱海梅園を見下ろす場所から。

 

川沿いの白梅

川沿いの白梅

熱海梅園を流れる川沿いにて。 美しい白梅が流れる。

 

枯れ草のオブジェ

枯れ草のオブジェ

22日に訪れた瀬田川沿いのカフェ。 入口へのアプローチと中庭の水盤。 オブジェのような枯れ草が美しかった。

 

しだれ梅

しだれ梅

桜もしだれが美しいけど、 梅もなかなかのもの。

 

白梅の背後

白梅の背後

白梅は背後の姿も美しい。 熱海梅園にて。

 

霧ヶ峰のひかり

霧ヶ峰のひかり

朝が美しく燃える。 霧ヶ峰のひかりは美しかった。

 

雪の丘

雪の丘

伸びやかな雪の丘とカラマツ林。 霧ヶ峰にて。

 

紅梅咲く

紅梅咲く

ひときわ鮮やかな色彩を放つ紅梅。 光琳にとって梅というものは何だったのだろう。

 

熱海梅園にて

熱海梅園にて

昨日は熱海のMOA美術館へ。 帰路、熱海梅園に立ち寄る。 咲き誇る白梅の花々。

 

朝陽を待つ時

朝陽を待つ時

朝陽を待つ時の、 光のあり方が美しい。

 

朝陽の色彩

朝陽の色彩

霧ヶ峰の雪原にて。 朝陽が雪面を優しく染める。

 

雪面の色彩

雪面の色彩

刻々と変化する雪面の色彩が美しい。

 

深雪のカラマツ

深雪のカラマツ

深い雪の中に立つカラマツ。 霧ヶ峰にて。

 

雪原と樹と

雪原と樹と

雪原から立ち上がる樹形が美しい。

 

ゆきとえだ

ゆきとえだ

ゆきとえだのシンプルな美しさ。 戸隠高原にて。

 

雪原の空

雪原の空

雪原の空はどこまでも美しい。 霧ヶ峰にて。

 

フロストフラワーの枝

フロストフラワーの枝

空気中の水蒸気が枝について氷の花のように成長していく。 美しいフロストフラワー。

 

雪原の樹々

雪原の樹々

雪原に浮かぶように樹々が立つ。 真冬の大気を感じられるような世界。

 

南アルプス遠望

南アルプス遠望

霧ヶ峰の雪原から南アルプスを遠望。 美しい大地と山稜。