Monthly Archives: 2月 2016

春待つ湿原

春待つ湿原

4月には美しい水芭蕉が咲く湿原。

 

毛玉のよう

毛玉のよう

枝先から、毛玉のようなものをつけている樹。

 

冬の彩り

冬の彩り

モノトーンの冬の中で、鮮やかな彩り。

 

冬の枯れ花

冬の枯れ花

名も知らぬ、冬の枯れ花。

 

五地蔵山の稜線

五地蔵山の稜線

五地蔵山の稜線が美しい。古池西岸より。

 

湿原の朝

湿原の朝

古池西岸の湿原。朝の光が美しい。

 

美しい樹皮

美しい樹皮

種池付近を歩いていると、美しい樹皮の木に出逢った。

 

湿原を歩く

湿原を歩く

まだ2月だというのに雪の少ない戸隠。スノーシューでサクサク歩ける。 無雪期には入れない古池西岸の湿原を歩く。

 

樹と薄

樹と薄

中綱湖に流れる小川の河岸。白いキャンバスに、黒の幹、茶の枯葉、黄の枯れ薄。 すべてが美しいと思う。

 

雪の池畔

雪の池畔

今朝は、久しぶりに葛温泉へ。その前に中綱湖に寄り道。 池畔の薄が美しい。

 

雲間からのひかり

雲間からのひかり

一瞬だけ、雲間から朝陽が。古池のほとりから。

 

やわらかな冬

やわらかな冬

今朝は久しぶりに戸隠・古池へ。畔でやわらかな冬を見つけた。

 

北野の春

北野の春

早春の梅を楽しんだ北野天満宮。

 

枝と花と

枝と花と

枝と花の調和が美しい、雲龍梅。

 

繊細な紅梅

繊細な紅梅

こんな繊細な枝を見ていると、花を支える力の不思議を思う。

 

萌葱色の蕾

萌葱色の蕾

早春にふさわしい、萌葱色の蕾が美しい。

 

雲龍の八重

雲龍の八重

雲龍梅の花は白い八重。

 

梅林にて

梅林にて

目の高さに美しい紅梅。北野天満宮の梅林にて。

 

天に向かって

天に向かって

天に向かっているような白梅の枝。

 

垂枝の白梅

垂枝の白梅

垂れた枝に咲く白梅。北野天満宮にて。

 

見上げて、紅梅。

見上げて、紅梅。

北野天満宮の御土居近くを歩いて見上げると、美しい紅梅。

 

梅の樹勢

梅の樹勢

樹勢の力強さを感じる白梅。北野天満宮にて。

 

天満宮の朱色

天満宮の朱色

天満宮の朱色を背景にして、立ち上がる紅梅が美しい。

 

北野の雲龍梅

北野の雲龍梅

北野天満宮本殿の裏にある雲龍梅。 枝の動きが個性的で美しい。

 

そのむこうも

そのむこうも

白梅のむこうにもうひとつの梅。北野天満宮の梅園にて。

 

ひかる蕾

ひかる蕾

花弁もさることながら、初々しい蕾が美しい。